オーストラリアで作るエナジーボール(ブリスボール)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

オーストラリアで人気のエナジーボール(ブリスボール)。
子供のランチボックスやおやつ、スポーツやダンスの後のリカバリーやエネルギー補給に最適なエナジーボールです。

オーストラリアで手軽に作れるエナジーボールの簡単レシピを紹介。

スポンサーリンク

エナジーボールの作り方【オーストラリア】

手作りエナジーボールの材料
手作りエナジーボールの材料 @KosodateBrisbane

オーストラリアで買える材料を使ったエナジーボールの作り方です。

エネルギー補給として、私が子供用に普段作っている材料で紹介しています。
好みに合わせてアレンジも可能。

材料【エナジーボール】

実際に私が使っている材料は上の画像を参考にしてください。

ナッツ/ シード

  • アーモンドバター
  • フラックスシード(パウダー)
  • パンプキンシード
  • クルミ
  • ココナッツ

ドライフルーツ

  • デーツ
  • ソルタナ
  • クランベリー

その他

  • オーツ(ロールドオーツ)
  • メープルシロップ(or はちみつ)
  • ダークチョコレート

作り方【エナジーボール】

エナジーボール
  • ステップ1
    混ぜ合わせる

    ボールにナッツ/ シードとドライフルーツを入れてよく混ぜ合わせる。

  • ステップ2
    オーツとチョコレート

    ナッツ系の材料とドライフルーツが混ざった後にオーツとチョコレートを入れ混ぜる

  • ステップ3
    材料がまとまるように調節
    ボールが作れるようメープルシロップを入れ調節
  • ステップ4
    ボール
    好きな大きさで、しっかり崩れないようにボールを作る

上記4つのステップでエナジーボールが簡単に作れます。

続いて、上記の工程を実際の写真付きで紹介していきます。

スポンサーリンク

エナジーボールの作り方を写真で紹介

エナジーボールの作り方ステップ1
エナジーボールの作り方 ステップ1

上の画像を参考に、ボールにナッツ/ シード系の材料とドライフルーツを入れます。(画像では見えませんが、ボールの下のほうにアーモンドバター、ココナッツなども入っています。)

デーツとウォールナッツは小さめに刻んでいます。

アーモンドバター、フラックシードの粉は、全体のつなぎとしての役目もあります。

上の写真は、ステップ1で混ぜ合わせた状態です。

混ぜるときは、スプーンやフォークを使っています。
アーモンドバターが、デーツを中心に全体がうまく混ぜるように。

続いて、オートミールとチョコレートを入れていきます。

エナジーボールが出来た上がって、食べる時に口の中で少し違った触感があったほうがおいしいです。
オーツは、その役目を発揮してくれるので私はいつも最後に入れています。

オーストラリアで売られているオーツはたくさんの種類があります。

Rolled Oats(ロールドオーツ)という名前で売られているオーツが感触を残せるのでエナジーボールには最適。

チョコレートは、混ぜすぎて溶けたり小さくなりすぎたりしないように最後に入れています。

エナジーボールを最後に丸めるときには、上の写真のように適量を手に取り力を加えながら材料がくっつくように丸めていきます。

うまく丸まらない場合は、メープルシロップやはちみつを少しずつ加えて硬さを調節します。

この段階でべたべたしすぎるときは、オーツやフラックスシードを足すなどして調節します。

うまく丸まった写真が上のような状態です。

材料全体がしっかりとくっついて、尚且つベタベタしすぎない状態が理想です。

出来上がったエナジーボールは、上の写真のように密閉できるコンテイナーなどに入れ冷蔵庫/ 冷凍庫で保存できます。

オーストラリアで作るエナジーボール(ブリスボール) まとめ

最後まで読んでいただきありがとうございます。
オーストラリアで人気のおやつエナジーボールの簡単レシピを紹介しました。

子供の放課後のおやつやサッカー、水泳などスポーツ前後のスナックとして手作りで作っています。
砂糖を使わずに作れるのでおすすめです。

ほかにもオーストラリアで作れるレシピを複数紹介していますので是非参考にしてください。

【このブログの運営者】
花まま

オーストラリアの子育てブログ『子育て記録ブリスベン』の筆者。
アラフォー、2児のママ。
オーストラリアで生活している日本人 ママブロガー/ アフィリエイター。
家族で過ごす時間を大切にするよう心がけ、わんぱくな息子の伸ばし方を日々研究中。
最近増やした観葉植物は『ブロメリア』。

- Follow Me -
オーストラリア生活
スポンサーリンク
- Follow Me -
タイトルとURLをコピーしました