オーストラリアのプレップ 個人面談 体験談《オーストラリアで子育て》

スポンサーリンク
スポンサーリンク

プレップ 初めての個人面談(オーストラリア)

ブリスベンの公立プレップ入学後 6週目で担任の先生と面談がありました!

個人面談 予約まで(オーストラリアのプレップ)

最近オーストラリアでは個人面談の日時をオンラインで予約します。

うちの場合は下の子もベビーカーで一緒に連れて行かないといけないので、面談のお知らせの手紙を貰ってすぐに予約しました。

15分枠で都合の良い日程を開いてる時間から選べるようになっています。

下の子のお昼寝の時間とか比較的機嫌の良さそうな時間帯をこちらの都合に合わせて選べるのはありがたかったです。

プレップ個人面談 当日の様子(体験談)

当日の個人面談はクラスルームで行われました。

プレップに入学してから6週間の間に行われた授業での娘の学習面について先生はきちんと把握していてシートに細かく書かれています。

ソーシャル面でもクラスの中でどんな存在か誰と仲が良いか他のクラスのお友達の名前まで教えてもらいました。

具体的な部分は先生からクラスで行った課題やスクラップブックを見ながら内容を説明してもらいました。

花ママ
花ママ

内容を入力しえっ こんなことしてたんだぁ 全然知らなかった。

先生の授業に対する熱心さや生徒のために沢山の準備をしてくれているんだなぁと改めて思いました。

このインタビューに行く前まではプレップで実際毎日どうゆうことが行われているのか私はわかっていませんでした。

スポンサーリンク

個人面談前の放課後の会話(再現)

花ママ:『ばれりーなちゃん、今日学校どうだった?何したの? 』

バレリーナちゃん:『パズルした! プレイグラウンドで遊んだ! 歌歌った! 新しい友達が出来た! 』

花ママ:『他には? 』

バレリーナちゃん:『んー。That’s it. 』

花ママ:『あっ、そっか』

私はてっきりプレップの場合まだ大した授業は行われていないのかと思っていました。

でもそれは大違い!

面談で先生から娘のワークブックや課題を見せてもらいプレップでもフォニックス以外の沢山のことを学んでいるんだなぁと感心。

個人面談(インタビュー)後のママの感想(オーストラリアでプレップ)

個人面談で先生から、学校での様子を詳しく教えてもらうことが出来ました。

「この学校を選んで良かった 。 担任の先生が良い先生で良かった。」娘の学校での様子を把握してくれている先生との面談後の率直な感想です。

プレップのターム1では、HASS の授業で家族について取り組んでいるらしく自分の家族やクラスメートの家族についての課題を行なっている。

娘は弟が一人いて二人兄弟。5人兄弟は誰?ペットを飼っているのは誰?どこの国で生まれたかなどというように。

プレップ学校での授業内容が更に把握できる(オーストラリア)

そういえば先日、先生から保護者へ向けて、メールが届いていました。

“授業で使うのでグランドペアレンツの呼び名を教えてください。 “

おじいちゃんおばあちゃんの絵を描くのに英語やドイツ語 イタリア語など家庭によって呼び方が違い子供たちが授業でスムーズに使えるようにとのことです。

一緒に暮らしている家族の写真も持っていってクラスで紹介したりその写真を元に生徒が自分の家族メンバーの絵を描いて教室に写真と共に飾られたりしています。

先生との個人面談で始めて娘がプレップで毎日どんな時間を過ごしているのかわかりました!

オーストラリアの公立の小学校も悪くないな。

今後も楽しみです。

オーストラリアのプレップ 個人面談 体験談《オーストラリアで子育て》 まとめ

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

他にもオーストラリアのプレップや小学校、子育てについての記事がたくさんあります。

是非、参考にしてください。

■■ こちらも読む ■

コメント

タイトルとURLをコピーしました