2021年最新版【オーストラリア動物園】基本情報と感想

スポンサーリンク
オーストラリア動物園『コアラ』の記念写真の画像とタイトル文字の画像写真

ブリスベンからほど近いクイーンズランド州サンシャインコースト。

綺麗なビーチが沢山あり人気の観光スポットでもあります。

ビーチ以外にも自然に囲まれた環境の中でコアラやカンガルーをはじめとする動物に会えて、家族みんなで楽しめるスポットもあるんです。

サンシャインコーストの動物園『オーストラリア動物園(Australia Zoo)』へ家族で行ってきたので感想や基本情報、入場料金、ショーの時間などを紹介したいと思います。

Australia Zoo の割引チケットを探している方はklook から▼

『オーストラリア動物園』結論としてはとても良かったです。

ブリスベンから日帰りで出かけるなら『オーストラリア動物園(Australia Zoo)』オススメ。

スポンサーリンク

Australia Zoo(オーストラリア動物園)

ブリスベンとAustralia Zoo の位置が入っている地図の写真
ブリスベンとサンシャインコーストのオーストラリア動物園が載った地図 ©kosodatebrisbane.com

『オーストラリア動物園』はオーストラリアのクイーンズランド州にある動物園。

ブリスベンから北へ車で1時間ほどの場所にあります。

オーストラリアのスティーブアーウィンの家族が所有する動物園。

園内の広さは700エイカー以上でオーストラリアにある動物園の中でも大きいです。

日本人が考える『動物園に行く』というよりは、大きなテーマパークへ行く感じ。

オーストラリアのサンシャインコーストらしくトロピカル感が満載でとても清潔に保たれていました。

時期にもよると思いますが、動物園特有の糞の臭いなども殆ど気になりません。

園内にはオーストラリアの動物 コアラ、カンガルー、ウォンバットなどをはじめ、トラ、サイ、キリン、クロコダイルなど100種類以上の動物、鳥、爬虫類などがいます。

くわしくは、オーストラリア動物園公式サイトから(https://www.australiazoo.com.au/wildlife/our-animals/

スポンサーリンク

オーストラリア動物園のインフォメーション

Australia Zoo の設立者 故 スティーブ・アーウィン の記念像を写した写真
オーストラリア動物園の創設者「スティーブ アーウィンと家族」の銅像 ©kosodatebrisbane.com

施設名:オーストラリア動物園(Australia Zoo)

所在地:1638 Steve Irwin Way, Beerwah QLD 4519

電話番号: (07) 5436 2000

公式サイト:https://www.australiazoo.com.au/

営業時間:朝9時から夕方5時

オーストラリア動物園 入場券

Australia Zoo の料金表と詳細
オーストラリア動物園の入園料の詳細  ©kosodatebrisbane.com

入場券は事前にインターネットでの購入がオススメ。

当日チケットを購入する場合は有人のチケット売り場に並んで入場券の購入ができます。

大人:$59
子供:$35(3歳から14歳)
子供3歳未満:入場無料

家族チケット①:$172(大人2人子供2人)
家族チケット②:$189(大人2人子供3人)

オーストラリア動物園の割引チケット

オーストラリア動物園の割引入場券は前売りで購入できます。

オーストラリア動物園 ショーの開始時間

オーストラリア動物園でのショーの開始時間詳細
オーストラリア動物園で貰ったショーの開始時間が表記されたリーフレットの画像写真 ©kosodatebrisbane.com

オーストラリア動物園のショーの開始時間。

各ショー1日に1回のみなので見逃さないように!

【 CONSERVATION SHOW スケジュール 】

10:00am TORTOISES LIVE!

11:15am PARROTS LIVE!

1:15pm AUSTRALIA ZOO WILDLIFE WARRIORS SHOW!

3:00pm KOALAS LIVE!

3:00pm BIRDS SHOW LIVE!

園内の紹介(オーストラリア動物園)

園内の地図

Australia Zoo の園内地図と詳細
オーストラリア動物園で貰った園内マップを写した画像写真 ©kosodatebrisbane.com

オーストラリア動物園の園内はとても広く、軽く見て回るだけでも2時間ほどかかります。

子連れの場合はさらに時間に余裕を持って訪れるのをオススメします。

Australia Zoo エントランスにある大きなサインに『Australia Zoo』『Entrance This Way』と書いてある写真
オーストラリア動物園のエントランスにある大きなサイン ©kosodatebrisbane.com

オーストラリア動物園へ車で行く場合は道路脇に大きなサインがあるので見逃すことはないはず。

モーターウェイを降りてさらに15分程車を走らせた場所。

動物園の駐車場も大きいです。

オーストラリア動物園にいる生き物たちを写真で紹介

Australia Zoo に入園して直ぐの場所にある『Alligator』を撮った時の写真
オーストラリア動物園の人気「爬虫類」のワニ達 ©kosodatebrisbane.com

園内に入って最初にいる生き物は『爬虫類』。

Australia Zoo のコモドドラゴンを写した写真
2匹のコモドドラゴンが岩の上に並んでいる ©kosodatebrisbane.com

イグアナ、アリゲイター、ゾウガメ、コモド ドラゴンもいます。

白いディンゴが座っている写真 ©kosodatebrisbane.com

タスマニアンデビル、ディンゴ、ビンチュロング、

オーストラリア動物園の園内にあるプレイグラウンドのエリアを写した写真
園内のプレイグラウンドエリアと屋外トランポリン ©kosodatebrisbane.com

上の写真の左奥に移っているトランポリンのように飛ぶものが子供達に人気。

子供は水着持参で遊べるオーストラリア動物園内のアクアパーク ©kosodatebrisbane.com

園内には小さいウォーターパークもあります。

コアラ

Australia Zoo の入り口付近にいるコアラ達を撮った写真
オーストラリア動物園の人気者コアラ ©kosodatebrisbane.com

オーストラリア動物園の園内には2か所コアラのいる場所があります。

入り口からコロシアムに向かう手前にいるコアラ達。

その中の1匹はなんとK-POP グループ『BTS』のRMことナムジュンのアーミー達(ファン)がスポンサーになっているコアラ『KOYA』がいます。

『KOYA』をはじめここにいるコアラ達は、7匹とも赤ちゃんが生まれたばかりでお腹の袋に入っているので要チェック!

Koala Walk Throuth ではコアラに触れる

Australia Zoo のコアラがいる木の前に置いてあるサイン
オーストラリア動物園でコアラが放し飼いされているエリアのサイン ©kosodatebrisbane.com

もう一か所のコアラがいるエリア。

ここでは、コアラに触ることができます。 (コアラを抱っこするには予約が必要)

檻や柵がないので、とても近くでコアラを見ることが出来ます。

このサインを見たら、その木にはコアラが昇っています。

CROCOSEUM

オーストラリア動物園の園内のアイコン的存在『CROCOSEUM』のサインと外観の写真。
オーストラリア動物園で毎日ショーが行われるスタジアム ©kosodatebrisbane.com

オーストラリア動物園、園内の中心部にあるのがこの大きなスタジアム『CROCOSEUM』です。

スタジアムの中では、オーストラリア動物園のハイライトの1つでもあるショーが行われます。

入場したらまずはショーの時間をチェックして見逃さないように!

オーストラリア動物園のショーが行われるスタジアムでのベビーカー置き場 ©kosodatebrisbane.com

ベビーカーがある場合は、スタジアム地上階の専用のベビーカー置き場に一時的にベビーカーを置いておくことが出来ます。

お土産屋さん、インフォメーションセンター、写真の現像

コロシアムの下の屋根のあるエリアには複数のお土産屋さん、インフォメーションセンター、園内での記念撮影した写真の引き取り窓口、パイソンの展示があります。

Australia Zoo のクロコシアム下にあるお土産屋さんで売っているコアラ商品
オーストラリア動物園のお土産屋さんに売っているたくさんのコアラグッズ ©kosodatebrisbane.com

オーストラリア動物園で売っているお土産はココでしか買えないものばかりです。

オーストラリアのお土産探しにも最適なショップが複数あります。

Australia Zoo クロコシアム下のインフォメーションデスクを撮った写真
園内で分からないことを聞けるインフォメーションセンターのツアーデスク ©kosodatebrisbane.com

大きな蛇、アルビーノ ビルマ パイソン(Albino Burmese Python)はキレイな黄色のパイソン。

Australia Zoo にいるAlbino Burmese Python の写真
オーストラリア動物園にいる黄色い色が珍しい アルビーノの蛇 ©kosodatebrisbane.com

カンガルーの放し飼い

カンガルーがいるエリアに置いてある注意書きサインの写真
オーストラリア動物園のカンガルー放し飼いエリアの説明 ©kosodatebrisbane.com

カンガルーが放し飼いされているエリアに入ります。

餌をあげたい場合は、スタジアムの下のお土産屋さんかインフォメーションセンターで売っています。

サインの注意書きには『4歳以上からカンガルーに近づける』と書いてあります。

園内には水飲み場、トイレ、売店がいたるところにあります。

子供達に人気の恐竜のオブジェも。

Southeast Asia

オーストラリア動物園にいる大きな虎の写真   ©kosodatebrisbane.com
オーストラリア動物園にいる大きな虎の写真 ©kosodatebrisbane.com

アジア大陸にいる動物がいるえりあです。

上の写真は、虎で大きな虎が4匹いました。

Bindie’s Island

Australia Zoo にいた アルダブラゾウガメを撮った写真
オーストラリア動物園のゾウガメが陸を歩いている写真 ©kosodatebrisbane.com

アルダブラゾウガメにキツネザル

Africa

Australia Zoo の『Africa』セクションにいるサイを撮った写真
サイが草を食べている写真 ©kosodatebrisbane.com

アフリカ大陸に生息する動物がいるエリアです。

キリン、シマウマ、サイ、チーター、ミーアキャットなどが見れます。

オーストラリア動物園『Africa』セクション内にあるテントの形をしたお土産屋さんの写真。
【Africa】エリアにあるお土産屋さんはテントで出来ている。  ©kosodatebrisbane.com

お土産屋さんや休憩エリアもアフリカっぽいです。

カフェ『Crikey Cafe』

Australia Zoo でおすすめのカフェ『Crikey Cafe』の写真
オーストラリア動物園 園内のカフェ「Crikey Cafe」  ©kosodatebrisbane.com

注文してから作ってくれるオーストラリア動物園のハンバーガーがおすすめ。

その他のファシリティ(トイレ、COVID-19対策)

オーストラリア動物園の園内の一般用、車いす用のトイレ
オーストラリア動物園の園内の一般用トイレの写真  ©kosodatebrisbane.com

オーストラリア動物園の園内にはトイレが至る所にあります。

トイレットペーパーもきちんと補充されていて、古くても清潔感はあります。

おむつ替え台も備わっているので赤ちゃんや小さな子が一緒でもすぐにトイレを探すことが出来るはず。

COVID-19 対策での手の消毒用ジェルは園内の至る所にあります
COVID-19 対策での手の消毒用ジェルは園内の至る所にあります ©kosodatebrisbane.com

園内にはハンドサニタイザーが多数設置されています。

COVID-19 対策はもちろん動物に触った後などにもハンドサニタイザーで手を清潔に保てます。

オーストラリア動物園 園内の飲み水用の水道
オーストラリア動物園 園内の飲み水用の水道 ©kosodatebrisbane.com

飲むための水道水もきちんと備わっています。

園内の売店やお土産屋さんでもペットボトルのお水は売っていますが、子供が喉が渇いた時でもこの水をすぐに水を飲ませたり、ウォーターボトルに水を補充することが出来るので便利。

オーストラリア動物園に行った感想レビュー

最後まで読んでいただいてありがとうございます。

オーストラリア動物園はとてもきれいで清潔な場所でした。

ブリスベン近くでコアラを見たり、触ったりしたい方は絶対におススメのオーストラリア動物園。

園内の動物たちは広々とした自然に近い環境で暮らしているのでオーストラリアで動物園に行きたい方は絶対におススメです。

他にも、オーストラリア動物園のあるサンシャインコースト観光で役に立つ記事があるので是非読んでみてください。

サンシャインコーストの動物園『WILDLIFE HQ』子連れレポ、料金、場所、徹底ガイド
3歳の息子と8歳の娘を連れて、サンシャインコーストのビッグパイナップル にある動物園『WILDLIFE HQ』に行ってきました。小さな子供と一緒に出掛けるのにちょうどいい場所。ビッグパイナップル、園内を走る機関車、コアラ、カンガルー、ミーアキャットなど盛りだくさん。『Australia Zoo』ほど大きくないので赤ちゃん連れでもゆっくり楽しめる。
ブリスベンから日帰りサンシャインコースト《いちご狩り、ビッグパイナップル、マレーニー 体験談》
ブリスベンからサンシャインコーストまで日帰りドライブ。サンシャインコーストで日帰りと言えばビーチが人気ですが、今回はビーチではなくコアラが抱っこできる動物園「WildLife HQ」、マレーニーのアイスクリームと美味しいランチで週末を過ごしました。
ブリスベン近郊のいちご狩りスポット
ブリスベンでおすすめのいちご狩りの出来るストロベリーファームを厳選して紹介。オーストラリアでのいちご狩りの流れやいちご狩りに適した服装もお教えします。
【子連れサンシャインコースト】おすすめホテルと予約時のポイント
サンシャインコーストのホテルやアパートメントの予約をする際に役立つ情報!少しでも節約したいブリスベンの子育てママのブログ。
子連れにぴったりブライビー島(Bribie Island)はブリスベンから近い
ブライビー島(Bribie Island) はブリスベンから一番近いビーチ。子連れ家族に人気のビーチです。
【このブログの運営者】
花まま

ブログ『子育て記録ブリスベン』の筆者。
アラフォー、2児のママ。
オーストラリアで生活している日本人 ママブロガー/ アフィリエイター。
家族で過ごす時間を大切にするよう心がけ、わんぱくな息子の伸ばし方を日々研究中。
最近増やした観葉植物は『ブロメリア』。

- Follow Me -
観光
スポンサーリンク
- Follow Me -
KosodateBrisbane.com【子育て記録ブリスベン】
タイトルとURLをコピーしました