テルストラからCatch Connectに乗り換え《キャッチコネクトの料金と感想、比較》

スポンサーリンク

オーストラリアのブリスベンでスマホ機種変更とキャッチコネクト(Catch Connect) の格安SIMプランに乗り換え。

料金と感想、比較について書きます。(キャッチコネクトと他社の比較はページの下に書いてあります。)

ブリスベンの長かったスクールホリデーも終わって子供達はまた学校が始りました。

スクールホリデー中は海やプールで遊ぶ機会が多い子育て世代の花ママ家族。

先日、スマホが水没して壊れました

私のじゃなく主人のスマホですが。

それですぐに新しいスマホを買ってきました。

新しい機種を買って、プランをどうしようかと悩んでいた主人ですが私のススメでこれを機にSIMフリーの端末でブリスベンに住んでいる日本人に人気の格安SIMプランのキャッチコネクト(Catch Connect)に乗り換え決定

『長期契約でiPhone など高い端末の代金と毎月の通話・通信料を払うのは今どきじゃない!』なので今話題のキャッチコネクト(Catch Connect)の格安SIMプランに即日乗り換えたのは結果お得でした。

スポンサーリンク

CatchConnect の格安SIMプランにした理由

catch-connect-2019-Best-Value-Annual-Winner-picture
キャッチコネクト(CatchConnect) は、オーストラリアの格安SIMの中でもベストプリペイド(Best Prepaid)、ベスト バリュー(Best Value) No.1 に選ばれるほど優れています

オーストラリア人の主人は長年テルストラを(少なくとも13年以上) 使ってきました。

今回キャッチコネクトの格安SIMプランに変更した理由はいくつかあります。

  • 月々の支払金額(通話・データ代)が半額以下になる
  • 格安SIMに乗り換えても電話番号は変わらず使える
  • 長期契約に縛られずプランの見直しがいつでも出来る
  • 乗り換え方法もSIMを入れ替えるだけ。面倒な手続きはいらない
  • オンラインで変更解約など全て出来る
  • 好きなキャリアを選べる

キャッチコネクトで月々のスマホ代が半額以下になった

キャッチコネクト(Catch Connect)に乗り変えて月々の支払い代金が減ったのが1番のポイント。詳しくは下の料金表を見てください。

キャッチコネクトの料金プラン

格安SIM キャッチコネクトのプラン一覧表の写真

上の画像の料金プランにあるとおり、キャッチコネクトでの支払い代金は格安の$4.90から一番高くて$36.90

結果テルストラで支払っていた分の半額以下になりました。

$36.90キャッチコネクトの1番高いプラン。


30日間で20GB まで使える通話し放題データ込みプラン
です。
▶ キャッチコネクト(Catch Connect) のWebsite

オーストラリアの電話番号はそのまま

キャリアをキャッチコネクトをはじめとする格安SIMに変えても番号はそのまま使えます。

うちの主人は最初そのことを知らずに乗り換えを躊躇していました。

仕事で自分のケータイを使っている場合、電話番号が変わると困る場合が多いです。
でもそんな心配は不要。

テルストラやオプタスからキャリアをキャッチコネクト(Catch
Connect) の格安SIMのプランに乗り換える場合でも同じ番号を今まで通り使えます

一度選んだプランでも長期の契約じゃないので自由に変更可能

仕事用とプライベート用でスマホを2台持っている旦那さんも多いと思います。

事前に、「来月はあまりデーターを使わなさそうだな」 と分かっている場合はインターネットのアカウントページからその場でプランの変更が可能。

無駄な支払をさらに減らせます。

キャッチコネクトへの乗り換え方法

コンピュータからホームページにアクセスしてアカウントを作る(2, 3 分)。

SIMカードの無料郵送手続きと、希望するプランを選ぶだけ。

後はSIMが手もとに届いたらスマホに入れるだけなのでとても簡単。

ココだけが注意したいところ。
SIMカードの取り寄せはオンラインで公式サイトから郵送してもらうように。

そこで、アカウントを作り、新しい電話番号もわかります。

この手続きをキャッチコネクトの公式ページからSIMが届く前にしないと後で面倒です。

そうすると手続きがスムーズにいきます!
▶ キャッチコネクト(Catch Connect) のページ
スポンサーリンク

オーストラリアで Catch Connect を使った感想

キャッチコネクトはオーストラリアの大手通信会社 オプタスの回線を使っているので大手キャリアと繋がり具合は変わりないし昔と比べると電波も良くなっているから『繋がらない!!』なんてことはないです。

何より毎月の支払料金が大幅に減ったことにびっくり。

キャッチコネクト料金比較

テルストラの時はサムソンの端末を使っていて、通話とデータ+端末代金で1台分で約90ドル以上毎月支払っていました

《CatchConnectの格安SIM》
支払い額も毎月36.90ドル。
2年間 885.6ドル《オプタスやテルストラ》
安く見積もり、毎月90ドルで考えると、
2年間 2160ドル

格安SIMに乗り換えて $1274ドルも得します!!

おそらくオーストラリアでテルストラやオプタスを使っている社会人の男性は同じくらいかそれ以上支払っているのではないでしょうか。

スマホは生活の必需品になったのと同時にデータ通信量をどんどん多く使うようになってきています。

オーストラリアの主要大手通信会社のテルストラ、オプタス、ボーダフォンのキャリアを使っていると支払い額は更に高くなってきます。

スマホを持つティーネイジャーの子供がいるとさらにスマホの支払金額は増えます。

自動引き落としだと勝手に引き落とされるのでついつい見逃してしまいますが、年間にするとかなりの額。

私は子供が生まれて仕事を辞めてからいち早くオプタスから格安SIMのプランに乗り換えています。かれこれ7年以上格安プリペイドSIM(Aldi、アメイシム、キャッチコネクト) を使ってきていますが特に問題や不満はありません!

《オーストラリアの格安SIM》
支払い額も毎月10ドル。
7年間 840ドル《オプタスやテルストラ》
安く見積もり、毎月40ドルで考えると、
7年間 3360ドル

格安SIMに乗り換えて $2,520ドルも得しています!!

おそらく1番ハッピーなのは支払いをしているうちの主人ですよね。

CatchConnect のSIMカードの取り寄せは公式サイトから

そうすると手続きがスムーズにいきます!
▶ キャッチコネクト(Catch Connect) のページ

キャッチコネクトはデータプランのみのプランもあるのでタブレット用にも使えます。

【このブログの運営者】
花まま

ブログ『子育て記録ブリスベン』の筆者。
アラフォー、2児のママ。
オーストラリアで生活している日本人 ママブロガー/ アフィリエイター。
家族で過ごす時間を大切にするよう心がけ、わんぱくな息子の伸ばし方を日々研究中。
最近増やした観葉植物は『ブロメリア』。

- Follow Me -
オーストラリア生活
スポンサーリンク
- Follow Me -
KosodateBrisbane.com【子育て記録ブリスベン】

コメント

タイトルとURLをコピーしました