シーワールドリゾート【ゴールドコーストにあるシーワールドのホテル】

スポンサーリンク
SEAWORLD RESORT & WATER PARK

※この記事の中には広告やアフィリエイトリンクが含まれています。詳しくは当サイトのPrivacy Policy を参照ください。

ゴールドコースト のシーワールドリゾートに家族で宿泊してきました。

シーワールドリゾートは、ゴールドコーストの人気テーマパークのシーワールドに隣接しているホテル。

シーワールドリゾートのホテルにはスイミングプールにウォーターパーク、子供に人気のキャラクター、朝食のビュッフェなど楽しみいっぱい。

オーストラリアのゴールドコーストで人気の宿泊施設『シーワールドリゾート』に実際に泊まってみたレポ、今回わかった人気の理由と格安でホテルの予約できるサイトを解説。

テーマパークのシーワールドの記事はこちらからどうぞ!

スポンサーリンク

ホテル シーワールドリゾートがゴールドコーストで人気の秘密

シーワールドリゾートのホテル滞在者用のスイミングプールとウォーターフォール

気候の良いゴールドコースト に家族で泊まりで行くなら『絶対にスイミングプール付きのホテル』と考える人は多いと思います。

シーワールドリゾートのホテル内にある宿泊者用のウォーターパークは子供が喜ぶことに間違いない。

シーワールドリゾートのホテルがゴールドコーストで人気の秘密は、ホテルの宿泊者のみが使えるウォーターパークが充実でシーワールドに合わせてゴールドコーストを満喫できること。

スポンサーリンク

シーワールドリゾート に宿泊

ホテルのロビーにあるバー

シーワールドリゾートのチェックインは3時。

ホテルに到着したのは、2時前でした。

レセプションでチェックインの手続きをしたところ、お部屋の準備が出来ていないので待つことになりました。

レセプションでドリンクチケットを頂いたので、ホテル入り口にあるロビーラウンジのバーで冷たい飲み物を飲みながら客室に入れるまでの時間を潰しました。

この日はスクールホリデー初日だったのとコロナなどの関係でスタッフの数が少なかったようで、結局チェックインして部屋に入れたのは、4:00pm 前。

通常より1時間長く待ちました。

その間にホテル内をしっかりチェックすることが出来たので2022年の最新版としてシーワールドリゾートを紹介していきます!

客室【シーワールドリゾート】

客室の前は緑がたくさんでゴールドコーストらしいトロピカルな雰囲気

お部屋の前はこんな感じで緑が沢山。(上の写真です。)

5人まで宿泊できる客室にはクイーンサイズのベッドが2つ

今回宿泊した『Resort Queen Room』は、シーワールドリゾートの一般的な部屋だと思います。

客室内にあるものは下記の通りです。

  • クイーンサイズのベッド2つ
  • ソファ
  • テレビ
  • デスク
  • ベランダ
  • トイレ/ シャワー/ バスタブ 各1
  • グラスや電気ポット他
  • シャンプー他アメニティ
  • エアコン、ヘアドライヤー他

何か必要な物があれば、ホテルのレセプションに問い合わせれば揃うと思います。

シーワールドリゾート客室からはゴールドコーストの海が見える
シーワールドリゾートで泊まった部屋からの夕方の景色

泊まったお部屋からの景色は上の画像の通りです。
オーシャンビューの眺めが気持ち良いです。
『ゴールドコーストに泊まりで来た!』という気持ちになります。

お風呂【シーワールドリゾート】

洗面所、トイレ、お風呂は全部一緒です。
バスタブとシャワーも一緒になっています。

部屋に備わっているアメニティは、石鹸、シャンプー、コンディショナー、ボディクリーム、ボディシャワーなど最小限のもののみです。(上の写真を参照)

シャンプーなど足りない場合は、フロントデスクに問い合わせれば持って来てもらえます。

バスルームは全体的に小さめ。

ウォーターパーク

シーワールドリゾートのプールとウォーターパーク
ウォーターパークはリゾートの宿泊者のみが使えるプールエリア

チェックインするまでの時間があったのでホテル内を散策しました。
まず最初に向かったのは、シーワールドリゾートの1番のお楽しみウォーターパークとスイミングプール、スパのエリアです。

シーワールドリゾートの宿泊者のみが使えるホテルの敷地内にあるウォーターパークとスイミングプール、スパ。

子供のテンションは上がります。

【使用可能な時間】

7:00am ~ 9:00pm (季節により変更あり)

スポンジボブのウォーターパーク

子供に人気のキャラクター『スポンジボブ』が人気のシーワールドリゾートのウォーターパーク。

バケツや滑り台の付いたウォーターパーク。

スイミングプール

こちらは、大人と子供向けのスイミングプール。

幼児は足がつかない深さです。

ラグーンプール

小さな子供でも足が届くシーワールドリゾート内のラグーンプール

赤ちゃんやトドラーなどの幼児はこちらのラグーンプールがおすすめ。

上のスイミングプールとこちらのラグーンプールはつながっています。

レストラン

シーワールドリゾートで人気のレストランを3つ厳選。

  • Shoreline Restaurant
  • Boatshed Bar & Grill
  • Hatsuhana

シーワールドの朝食は人気のビュッフェ Shoreline Restaurant

バッフェは50種類の中から食べ放題
シーワールドリゾート朝食バッフェの内容一覧

ビュッフェスタイルの朝食の会場となっているのがShoreline Restaurant (ショアライン レストラン)。

オーストラリアのホテルによくあるスタイルのコンチネンタルブレックファーストです。50種類以上の食べ物が準備されています。

具体的な内容は、上の写真を参照ください。

卵料理は、シェフがその場で作ってくれるので出来立てを食べられます。

バッフェ内容の写真のリスト左側の一番上にある “Eggs station” は希望の卵料理をシェフがその場で作ってくれます。

  • オムレツ
  • ポーチドエッグ
  • スクランブルエッグ
  • 目玉焼き

Shoreline Restaurant
ビュッフェ 金額

  • 大人: $32
  • 子供: $12

※朝食のビュッフェは、ホテルの宿泊プランに人数分入っている場合は追加料金の必要はありません。

Boatshed Bar & Grill

シーワールドリゾート内でオーシャンビューのレストラン

アクアパークで遊んだ後のディナーにぴったりなのが、屋外のレストラン. Boatshed Bar & Grill。
ディナーの営業時間は4:00pm から。

ウォーターフロントでサンセットを見ることもできるので訪れるなら涼しい夕方がオススメ。

シ―ワールドリゾートで食べたステーキと海老、チキンのディナーセット

焼きたてのステーキ、チキン、エビのグリルの他に、サラダやパンなどの副菜は自分で好きな物を好きなだけ取るビュッフェスタイルです。

炭火焼でグリルしたての料理が食べられるので美味しかったです。

日本食レストラン HATSUHANA(初花)

シーワールドリゾート内のレストランで人気の日本食レストラン。
鉄板焼きやお寿司が美味しいレストラン。

ランチなら、お弁当セットが$29ドルでお得!

マッサージ【Relaxation Corporation】

リゾート内のマッサージも女性に人気。

  • マニュキュア
  • ボディマッサージ
  • フェイシャル

上記の項目をはじめ沢山のメニューが揃っています。

マッサージの施術室

詳しくは、公式サイトより確認。

>> https://www.relaxationcorporation.com/static/seaworld_prices-e0f0951b1bf2b22bf5be3eca7c50254f.pdf



ジム

上での紹介したマッサージの廊下を挟んだ向かい側にあるのがリゾート宿泊者向けのジム。

マシーンが一通りそろっているので、滞在中にもエクササイズをしたい方におすすめ。

シーワールドリゾートのインフォメーション

シーワールドホテルのスイミングプール 『シーワールド(SEA WORLD) 』と提携ホテルの『SEA WORLD RESORT ホテル』の住所や営業時間などのインフォメーションをそれぞれ紹介。

シーワールドのホテル【SEA WORLD RESORT(シーワールドリゾート)】

施設名シーワールドリゾート アンド ウォーターパーク
英語表記Sea World Resort and Water Park
所在地Seaworld Dr, Main Beach QLD 4217
チェックイン/チェックアウトの時間3:00pm/ 10:00am
ホテル予約サイトページへリンク

シーワールドリゾート(Sea WORLD RESORT) はシーワールド直結のホテル。テーマパークと入り口は違います!

シーワールドリゾート のホテルを格安で予約【ゴールドコースト】

>> SEAWORLD RESORT の予約ページへ

>> agoda の予約ページへ

>> Booking.com の予約ページへ

>>>Trip.com の予約ページへ

シーワールドリゾート【ゴールドコーストにあるシーワールドのホテル】まとめ

最後まで読んでいただきありがとうございました。他にもゴールドコーストの観光やホテルについての記事があります。是非参考にしてください。

■■こちらの記事も人気です■■

【このブログの運営者】
花まま

オーストラリアの子育てブログ『子育て記録ブリスベン』の筆者。
アラフォー、2児のママ。
オーストラリアで生活している日本人 ママブロガー/ アフィリエイター。
家族で過ごす時間を大切にするよう心がけ、わんぱくな息子の伸ばし方を日々研究中。
最近増やした観葉植物は『ブロメリア』。

- Follow Me -
観光
スポンサーリンク
- Follow Me -
KosodateBrisbane.com【子育て記録ブリスベン】
タイトルとURLをコピーしました