Google AdSense(アドセンス) 支払いの受取り手順を解説【W-8BEN 海外在住日本人】

スポンサーリンク
「W-8BEN」google AdSense からの支払を受けるためのフォーム入力手順解説(日本人海外在住者向け)

オーストラリアや海外でブログを運営している方でアドセンスを使いアフィリエイトしている方は多いと思います。

海外在住でアドセンスの審査を通り、無事ブログに広告を載せたあと少しずつ収入が増えてきます。

アドセンスの広告収入が支払の基準に達したら初めての収益を受け取るために設定が必要。

その中でも、海外在住日本人が戸惑う『W-8BEN』フォームに焦点を当てて紹介します。

今回から数回に分けて、海外在住でグーグル アドセンスの支払方法を設定する手順を解説します。

まずは、AdSense の公式ページから『お支払いの受取り手順』を確認

アドセンスの支払いについて知りたい場合、まずは公式サイトから最新の正しい情報をえるのが一番。

Google AdSense ヘルプセンター 

スポンサーリンク

AdSense 受取り手順の解説

ではアドセンスの公式サイトに書かれている『支払い受け取りの手順』を参考に海外で(オーストラリア)グーグルから支払を受けとるための設定項目を詳しく解説していきます。

Google から初めての支払を受け取るための設定項目リスト

Google から『アドセンス』の初めての支払を受け取るための設定項目が載っている画像

上の画像を見て分かるように、グーグルからアドセンスの支払を受け取るには4つの設定項目があります。

支払期日までにこの4つすべての設定を完了すれば順調に支払いを受け取ることが出来ます。

簡単なので一緒に手順を見ていきましょう。


▼Google AdSenseの支払を受ける手順の2つ目の項目『個人情報を確認する』のPINについてはこちらの記事にまとめています。是非参考にどうぞ。

スポンサーリンク

1. 税務情報(W-8BEN) を提出する手順(海外在住者向け画像付き解説)

このブログで紹介する一番最初の項目は上のリストの1番はじめにある『税務情報の提出』です。

これは、 Google AdSense の所在するアメリカ合衆国から支払を受け取る場合に必要な書類

支払の受取り者が源泉税の免除を受けるための『源泉徴収免除の証明証』です。

ブログ運営などで 『Google AdSense(アドセンス)』 を使っていて、支払金額に達した人はどこの国に住んでいてもオンライン上で専用フォームの提出が必要になってきます!

花ママ
花ママ

提出しない場合は、AdSense で稼いだ収入から支払わなくて良い税金を引かれてしまいます。

アドセンスのヘルプページには『該当しない地域もあります』と書かれています。

日本やオーストラリアなどの海外在住の日本人は提出しなくてはいけません。

アドセンス(AdSense) のページから簡単な手順で税務情報の準備が出来るので見ていきましょう。

税務情報の提出はアドセンスのアカウントページから(W-8BEN)

グーグル アドセンス公式サイトアカウントの『税務情報管理』ページからアメリカの税務情報を追加する解説が入った画像の写真

自分の Google AdSense のページに入ります。

サイドバーから【お支払い】→【設定】→【税務情報の管理】の順にページを開く。

税務情報の管理のページに上の画像のような『米国の税務情報』の項目があります。

『税務情報の追加』をクリック。

アドセンスに税務情報を追加する手順(W-8BEN)

アドセンス『米国の税務情報』書類選定についての質問項目ページ解説付き画像

このページは『口座の種類』についての質問です。

上の画像のようにグーグル アドセンス からの振込先口座が【個人名義】もしくは【ビジネス/ 非個人】の名義化を選択。

次へをクリック。

アメリカ人/ アメリカ在住(W-8BEN)

アドセンス『米国民か米国に居住』を選択するページの画像

日本人でも【アメリカ在住】の場合はここで『はい』を選択。

オーストラリアや日本在住、アメリカ以外の海外在住の場合は『いいえ』を選択。

(この答えにより申請フォームが変わってくるので間違えないように!)

次へをクリック

アドセンス用 米国の納税申告のフォームの選択(W-8BEN)

アドセンス『W-8納税申請書』のフォームを選択する手順概説付き画像

上の画像のように、アメリカ以外の海外在住者(オーストラリア在住者)の個人でアドセンスを使っている場合は【W-8BEN】を選択

【W-8BEN フォームの記入を開始する】をクリック。

納税フォームへの入力(W-8BEN)

海外在住アドセンス『W-8BEN』フォームへの入力手順解説付き画像

W-8BENフォームへの入力はこのページから始まっています。

上の解説付き画像を参考に、上から必要事項を入力していく。

『W-8BEN』 はアメリカ合衆国のフォームなので全て英数半角文字で入力するように。

『国』の選択では海外在住でもパスポートが『日本』の場合は『日本』を選択。

納税者番号:

海外在住の場合は住んでいる国(税金を納めている国)で使っている『納税者番号』を上の画像の通りに入力。

【外国のTIN】オーストラリア在住の場合はオーストラリアの『タックスファイルナンバー』を入力。

次のページへをクリック。

住所の入力(W-8BEN)

グーグル アドセンス用の『W-8BEN納税フォーム』住所の記入例解説付き画像

上の画像の解説の通りに順番に入力。

次へをクリック。

アドセンス 軽減税率の請求(W-8BEN)

アメリカから見た海外在住外国人向けの『租税条約』の軽減税率を申請するページです。

このページでも上の画像での解説のように選択、情報を記入していきますが、質問の意味をさらに詳しく説明します。

③租税条約の一番上の質問が、下の枠内にある黄色線の部分です。

W-8BEN フォームの申請手順の中で、この部分で戸惑う方が多いようです。

質問の意味を分かりやすく書き直してみました。

【質問】

③租税条約

租税条約下で源泉徴収に適用される軽減税率の請求を行っていますか?

はい
米国との租税条約の適用のある国の居住者

【意味の説明】

③租税条約
(→ アメリカ合衆国から海外在住者への支払で二重課税しないように作った条約)

租税条約下で
(→ アメリカと条約を結んでいる海外に住んでいて

源泉徴収に適用される
(→ 支払元のアドセンスのあるアメリカ合衆国から差し引かれるはずの所得税に対して

軽減税率の請求を行っていますか?
(→ 引かれる額を少なくするためのお願いをしますか?


アドセンス用の米国軽減税率の申請はこのページで解説しているように全てオンライン上でフォームを入力することにより提出出来ます。

税務フォームの入力確認ページ(W-8BEN)

アドセンス支払用書類『W-8BEN』フォームの入力事項を確認するページの解説付き画像

このぺージは、今入力し作成してきたフォームの項目を書類として確認します。

確認後、誓約するためのチェックを入れ次のページへ進みます。

Google AdSense(アドセンス) 支払いの受取り手順を解説【W-8BEN 海外在住日本人】のまとめ

最後まで読んでいただいてありがとうございます。

グーグル アドセンスから銀行口座に支払いを受けるまでに完了しなくてはいけない手順の1つです。

引き続き、アドセンスからの支払手順について紹介していきますのでオーストラリアを始め、海外在住でアドセンスを始めた方、初めての支払がありそうな方は参考にしてください。

【このブログの運営者】
花まま

ブログ『子育て記録ブリスベン』の筆者。
アラフォー、2児のママ。
オーストラリアで生活している日本人 ママブロガー/ アフィリエイター。
家族で過ごす時間を大切にするよう心がけ、わんぱくな息子の伸ばし方を日々研究中。
最近増やした観葉植物は『ブロメリア』。

- Follow Me -
ブログ運営・在宅ワーク
スポンサーリンク
- Follow Me -
KosodateBrisbane.com【子育て記録ブリスベン】
タイトルとURLをコピーしました