トロピカルなプランツが沢山『ジンジャーファクトリー』2021年度版 観光情報と感想まとめ(サンシャインコースト)

スポンサーリンク

オーストラリアのサンシャインコーストはオーストラリアの中でも気温が良いセミトロピカルな地域。

ジンジャーマンブレッドでお馴染みの『THE GINGER FACTORY(ジンジャーファクトリー)』はサンシャインコーストの屋外施設として週末やスクールホリデーは子連れ家族で賑わいます。

『ジンジャーファクトリー(Ginger Factory)』は名前の通り生姜の製品を扱う工場。

子連れ家族に人気の穴場観光スポット。

私達が『ジンジャーファクトリー』訪れたのは、スクールホリデー中の7月。

サンシャインコーストの人気エリア『Noosa(ヌーサ)』へ行く途中のトイレ休憩で立ち寄りました。

入園料は無料で子供が喜ぶ観光スポットなのでサンシャインコースト方面 に泊まりで行く場合はよく立ち寄ります。

ジンジャーファクトリーの園内を走る機関車やボートでの屋内アトラクション、お土産屋さん、人気絵本のキャラクター『The Gruffalo.(グラファロ)』のイベント、カフェ、オーストラリアのネイティブプランツやその他の観葉植物などについて詳しく書いてあります。

ではジンジャーファクトリーの気になる園内の様子を写真と共に紹介していきます。

スポンサーリンク

ジンジャーファクトリー COVID-19 対策

ブリスベンとサンシャインコーストは COVID-19 でのロックダウン空けでしたがジンジャーファクトリーの園内は子連れ家族が沢山で賑わっていました。

コロナ対策での事前予約はしていませんでしたが、すぐに入場出来ました。

COVID-19 感染防止対策として、入り口で『Chek in QLD』のアプリでのチェックインと大人はマスクの着用が必須。

入り口と園内には消毒液も準備されています。

スポンサーリンク

園内の有料アトラクション(ジンジャーファクトリー)

ジンジャーファクトリーの園内の有料アトラクションが気になる方も多いと思います。

  • オーバーボード
  • 機関車
  • ミツバチのショーと蜂蜜の試食会

上記のとおりです。

オーバーボード

ジンジャーファクトリー屋内アトラクションの外観の写真  ©Kosodatebrisbane.com
ジンジャーファクトリー屋内アトラクションの外観の写真 ©Kosodatebrisbane.com

ジンジャーファクトリー園内の左手奥にある船の形をした建物の中にアトラクションがあります。

上の写真です。こちらが『オーバーボード』。

ジンジャーファクトリーのアトラクションのボートに乗っている  ©Kosodatebrisbane.com
ジンジャーファクトリーのアトラクションのボートに乗っている ©Kosodatebrisbane.com

中の様子を少しだけ写真で紹介します。

上の写真が実際に乗るボートの写真。

 ジンジャーファクトリーのアトラクションのボートからの光景  ©Kosodatebrisbane.com
ジンジャーファクトリーのアトラクションのボートからの光景 ©Kosodatebrisbane.com

中は上の写真のような感じです。

『オーバーボード』のアトラクションについて簡単に説明すると、ボートに乗りるアトラクションです。

音楽に合わせた人形たちが動くのを見ていく感じです。

小さな子供や赤ちゃんが一緒でも楽しめるアトラクションです。

【『オーバーボード』金額】

大人:13ドル
子供:13ドル

機関車はジンジャーファクトリーの人気者

A picture of a train called "Moreton" run on the Ginger Factory
ジンジャーファクトリー園内を走る機関車 ©Kosodatebrisbane.com

子供達は園内を走る機関車が楽しかったみたいです。

機関車の名前は『Moreton』。

なんと120年も動いているんです。

ジンジャーファクトリー園内の線路と標識  ©Kosodatebrisbane.com
ジンジャーファクトリー園内の線路と標識 ©Kosodatebrisbane.com

現役時代はシュガーケーン用の電車として使われてたけど、現在はここ『ジンジャーファクトリー』で子供達の人気を集めています。

「ジンジャーファクトリー」で貰った園内地図
ジンジャーファクトリー園内の地図 ©Kosodatebrisbane.com

上の地図に載っている通り園内には線路があり、そこを1周走ります。

ジンジャーファクトリーのお土産

サンシャインコーストの『Ginger Factory』のお土産屋さんで売られているBuderim Ginger の商品
ジンジャーファクトリーで買える Buderim Ginger の商品 ©Kosodatebrisbane.com
ジンジャーファクトリーのお土産屋さんで売っているサンシャインコーストの名産コーナー
サンシャインコーストの名産コーナー ©Kosodatebrisbane.com

園内は『ジンジャーファクトリー』というだけアリ、生姜の製品や地元の産物関係のお土産が沢山。

『ジンジャーファクトリー』園内に生息するプランツ

「ジンジャーファクトリ―」で撮った「バードオブパラダイス(極楽鳥)」のプランツの写真
ジンジャーファクトリー園内に咲いている「極楽鳥」 ©Kosodatebrisbane.com

ジンジャーファクトリーの敷地内に植っているプランツも見逃せません。

インドアで育てている人も多い「モンステラ」や鮮やかなオレンジ色がポイントの「バードオブパラダイス(ゴクラクチョウカ)」。

ブリスベンではあまり見かけないネイティブなオージープランツもジンジャーファクトリーの園内には沢山生息しています。

「ジンジャーファクトリー」の園内に生えているブロメリアの一種【Aechmea Gamosepala】の葉と花の写真
ピンクとパープルの花がとてもキレイなブロメリア ©Kosodatebrisbane.com

ブロメリアの中でもこの時期一番きれいなのがこの【Aechmea Gamosepala】。

葉はごくシンプルな細めのライトグリーン。

そこからこんなにカラフルなピンクと紫の花が咲きます。

ジンジャーファクトリーに生えているショウガ系のプランツの花が咲いた写真
真っ赤なきれいな花が咲いたショウガ ©Kosodatebrisbane.com

スパイラルジンジャーという名前で知られている【Costus Barbatus】。

オーストラリアをはじめ東南アジア、アフリカ、中国など温かい地域に生息。

オーストラリア原産の「Kakadu Plum」の木と実
ジンジャーファクトリー内の機関車から見えた「Kakadu Plum」の木と実 ©Kosodatebrisbane.com

「カカドゥプラム」は、オーストラリア原産でスーパーフードと言われるネイティブブッシュ。

オーストラリア先住民のアボリジニーが昔から大切にしている木もたくさん植えられています。

ジンジャーファクトリーの園内で見つけた Staghorn ferns を写した写真
ビカクシダも園内の至る所に生息  ©Kosodatebrisbane.com
緑がきれいなブロメリア
ブロメリアもお水をたくさん含んで健康そう。  ©Kosodatebrisbane.com

数えきれない程の「ブロメリア」をジンジャーファクトリーで見ることが出来ます。

Moreton Bay Fig Tree の画像写真
QLDに生息するフィグ系の樹木  ©Kosodatebrisbane.com
こちらもオーストラリアのネイティブプランツ  ©Kosodatebrisbane.com

トロピカルなガーデンで本当に癒されます。

植木の販売

ジンジャーファクトリー内の植物売り場。
【ジンジャーファクトリー】園内でもたくさんの植木が販売しています。 ©Kosodatebrisbane.com

機関車乗り場の少し奥に植物が売っているナーサリーもあり。

ナーサリーで販売している『Alpinia japonica』という名前の鉢入り植物
トロピカルな花が咲く【ショウガ】系の植木がポットで売っている。  ©Kosodatebrisbane.com

ジンジャー系のプランツ以外にもトロピカルな鉢植えが格安で売られていました。

エキゾチックな花が咲く上の画像もジンジャー系のプランツ。

The Gruffalo (イベント)

ジンジャーファクトリーで行なわれている催し物『Gruffalo』 のサインを写した写真
子供に人気の【ジンジャーファクトリー】イベントのサイン。今は『The Gruffalo』の体験型イベント ©Kosodatebrisbane.com

スマホのアプリでGRUFFALO を探すイベントはまだ行っていました。

ジンジャーファクトリーでスマホアプリでの体験型アクティビティを楽しんでいる様子。
スマホにアプリをダウンロードして遊ぶ子供向けの体験型イベント。 ©Kosodatebrisbane.com

これがあると子供達が園内を沢山歩いてくれるので軽いエクササイズになります。

ジンジャーファクトリーのお土産で買った『Buderim』のジンジャー コーディオ
ジンジャーファクトリーのお土産で買った『Buderim』のジンジャー コーディオ  ©Kosodatebrisbane.com

お土産にジンジャーのコーディオを購入。

ジンジャーファクトリー 基本情報

名称:THE GINGER FACTORY

住所:50 Pioneer Rd, Yandina, Sunshine Coast QLD Australia

アクセス:ブルース ハイウェイ 215の出口を降りてすぐ

営業時間:9:00am から5:00pm

休館日:クリスマス

ホームページ : https://www.gingerfactory.com.au/

電話番号: 1800 067 686

料金:入園料は無料

機関車:家族チケット $35

ジンジャーファクトリー園内の飲食店

ジンジャーファクトリー園内のカフェ
GINGER CAFE の様子  ©Kosodatebrisbane.com

カフェ、アイスクリームショップがあります。

『ジンジャーファクトリー』サンシャインコースト(2021年最新版)まとめ

トロピカルなプランツが沢山『ジンジャーファクトリー』観光情報と感想の記事を最後まで読んでいただいて、ありがとうございます。

ジンジャーファクトリーは、サンシャインコーストで子供はもちろん、トロピカルなプランツが好きなママも十分に楽しめることが出来る穴場観光スポットの1つです。

オーストラリアの自然に囲まれて本当に癒されます。

サンシャインコーストの地元で作られているお土産を探している場合にもジンジャーファクトリーはおススメです。

サンシャインコースト についての記事は他にもありますので、是非参考にしてください。

■こちらの記事も参考に■

【子連れサンシャインコースト】おすすめホテルと予約時のポイント
サンシャインコーストのホテルやアパートメントの予約をする際に役立つ情報!少しでも節約したいブリスベンの子育てママのブログ。
サンシャインコーストの動物園『WILDLIFE HQ』子連れレポ、料金、場所、徹底ガイド
3歳の息子と8歳の娘を連れて、サンシャインコーストのビッグパイナップル にある動物園『WILDLIFE HQ』に行ってきました。小さな子供と一緒に出掛けるのにちょうどいい場所。ビッグパイナップル、園内を走る機関車、コアラ、カンガルー、ミーアキャットなど盛りだくさん。『Australia Zoo』ほど大きくないので赤ちゃん連れでもゆっくり楽しめる。
ブリスベンから日帰りサンシャインコースト《いちご狩り、ビッグパイナップル、マレーニー 体験談》
ブリスベンからサンシャインコーストまで日帰りドライブ。サンシャインコーストで日帰りと言えばビーチが人気ですが、今回はビーチではなくコアラが抱っこできる動物園「WildLife HQ」、マレーニーのアイスクリームと美味しいランチで週末を過ごしました。
【ブリスベンで観光】穴場スポット厳選
気候の良いブリスベンで穴場の観光スポットを厳選して紹介。ブリスベンのフェリー、ブリスベンでコアラのいる場所、海でイルカが見たいならモートン島、公園のプール、ブリスベンからツアーに参加して世界遺産を観に行く!など。ブリスベンで人気の観光が全て分かります。
ブリスベン近郊のいちご狩りスポット
ブリスベンでおすすめのいちご狩りの出来るストロベリーファームを厳選して紹介。オーストラリアでのいちご狩りの流れやいちご狩りに適した服装もお教えします。


【このブログの運営者】
花まま

ブログ『子育て記録ブリスベン』の筆者。
アラフォー、2児のママ。
オーストラリアで生活している日本人 ママブロガー/ アフィリエイター。
家族で過ごす時間を大切にするよう心がけ、わんぱくな息子の伸ばし方を日々研究中。
最近増やした観葉植物は『ブロメリア』。

- Follow Me -
観光
スポンサーリンク
- Follow Me -
KosodateBrisbane.com【子育て記録ブリスベン】
タイトルとURLをコピーしました