アグネスウォーターと1770を満喫!【オーストラリア体験記】

スポンサーリンク
road map

スクールホリデー中にブリスベンからアグネスウォーター(Agnes Water) と、セブンティーンセブンティー(The Town of 1770) に行ってきました。オススメの穴場でした!

スポンサーリンク

アグネスウォーター/ 1770 へのアクセス

1770 の桟橋にある『1770』文字のサイン ©kosodatebrisbane.com
1770 の桟橋にある『1770』文字のサイン ©kosodatebrisbane.com

ブリスベンから1770/ アグネスウォーターまでは、休憩付きで7時間のドライブ。
結構な距離ですよね。

3歳の息子と7歳の娘と一緒に旦那の運転でブリスベンからアグネスウォーター/ 1770まで車でのロードトリップ

遠かったけど何とか到着しました!

1770/ アグネスウォーターの位置は

私たちの住んでいるオーストラリアのブリスベンから『Bruce Highway』 に乗ってサンシャインコーストをさらに北上し、ハービーベイ(Hervey Bay)を超え、バンダバーグ(Bundaberg)のさらに先。

地図で見るとバンダバーグとロックハンプトンの中間ぐらいに位置するビーチタウン。(上のアイキャッチ画像のロードマップを参照)

アグネスウォーターや1770は、ブリスベンやケアンズと言ったオーストラリアの主要エリアや車がたくさん行き来するハイウェイからも離れています。

人が本当に少なく汚染されていなく良い意味で自然本来の姿が残っている場所。

スポンサーリンク

アグネスウォーターと1770でのおすすめアクティビティ

アグネスウォーター1770ホリデーで行く場合は、ビーチがメイン。

でもビーチ以外でも子供と楽しめることはあります!

1770に滞在中に子供達としたアクティビティを紹介します。

LARCのツアー

1770 で人目を惹くピンク色の車両 Larc  ©kosodatebrisbane.com
1770 で人目を惹くピンク色の車両 Larc ©kosodatebrisbane.com

アグネスウォーター、1770出発の「人気ツアー」として評判の良いLARC(Lighter Amphibious Resupply Cargo Vessels)。

ピンク色の大きな水陸両用車のことです。

これに乗って回るガイド付きのツアーは1770に来たら一度は体験したいアクティビティの1つらしいのでせっかくなので家族全員で参加してみました!

Agnes’ Reef 2 Beach Surf School

Agnes Water のサーフィンレッスン『Lazy Surf School』の写真

サーフィンレッスン
小学生以上の子供はサーフィンレッスンに参加できます。

ロングのソフトボードでサーフィンのレッスンを受けれます。
7歳の娘は初サーフィンで頑張っていました。
学校のお友達に話したいみたいです。

予約は、当日でも大丈夫です。

魚に餌あげ

1770Reef Tour とLARCのツアー窓口のある1770 Marina(1770のジェティの近く)の売店で魚に上げるようの餌を売っています。

$2ドル。

ジェティからあげると魚がたくさんやってくるので子供達は大喜び。

Lady Musgrave Island(レディマスグレイブ島)

coral-at-lady-musgrave-island
レディマスグレーブ島の砂浜は珊瑚で出来ている。

グレートバリアリーフに位置する離島。

1770からツアーに参加してボートでアクセスが出来ます。

レディマスグレイブ島の詳細と実際に行った時の記事はこちらにまとめてあります。

アグネスウォーター/ 1770 海以外のアクティビティ

PaperBark Trail and Forest Boardwalk

アグネスウォーターのインスタスポット ペイパーバーク トレイル ©kosodatebrisbane.com
アグネスウォーターのインスタスポット ペイパーバーク トレイル ©kosodatebrisbane.com

インスタなどでよく目にするアグネスウォーターの人気スポット。

ペイパーバークの木が沢山あるウォーキングトレイル。

400m と短い距離なので小さな子供が一緒でも楽しめます。

ステッピングストーンの上を歩いたり、小さな小川を渡ったりと子供が楽しめるようになっている。

アグネスウォーター/ 1770 を訪れたら立ち寄りたい場所。

Tom Jeffery Playground

アグネスウォーターのメインビーチにある Tom Jeffery Playground の写真
アグネスウォーター メインビーチの公園 ©kosodatebrisbane.com

子供が好きなプレイグラウンド。

アグネスウォーターのMain Beach にあるプレイグラウンド。

車ではAgnes Street から入れます。

Jeffery Court の1番奥の方 トイレとピクニックテーブル有り。

アグネスウォーターと1770近辺でのマーケット

1770/ アグネスウォーターに滞在中は家族でマーケット巡りをしました!

バンダバーグや地元でとれた/ 作られた美味しい食べ物がたくさん売っています。

リーフキャラバンパークマーケット(Reef Caravan Park Market)

マーケット開催日:第3土曜日 8:00amから12:00pm
住所:34 Rocky Crossing Rd Round Hill

アグネスウォーターから車で5分くらいのキャラバンパーク内でのマーケット。

スペースも雰囲気もリラックスした感じで子連れに最高のマーケット。

ディスカバリーコーストマーケット(The Discovery Coast Markets)

fruits-sell-at-the-market-agnes-water
アグネスウォーター のマーケットで売っていたパイナップル ©kosodatebrisbane.com

マーケット開催日:スクールホリデー中は毎週日曜日
住所:Captain Cook Drive, Agnes Water, Queensland 4677 Australia

アグネスウォーターと1770(セブンティーンセブンティー)の間にあるSEG Grounds。

素敵なクラフトやハウスデコレーション用の物も売っている。

食べ物もおいしいく子供がお腹空いたとき用にぴったりの物がたくさん売っている。

アグネスウォーター/ 1770 子連れで食事できる場所

アグネスウォーター/ 1770 は基本ゆったりリラックスした雰囲気でスペースのあるレストランが多いので子連れでも安心して食事ができます。

定番のサーフクラブやフィッシュ&チップス、カフェなどお洒落で美味しいお店が多い。

Agnes Waters Tavern

Agnes Water Tavern で食べた海老パスタの写真
アグネスウォーターで食べた海老パスタ ©kosodatebrisbane.com

住所:3 Agnes Street, Agnes Water QLD 4677
電話番号:(07) 4974 9469
Facebook:https://www.facebook.com/AgnesWaterTavern/


『ステーキが食べたい!』というので行ってみました。

Wagyu Steak やポークリブが美味しい。

小さな子供が一緒でもハードルが低くガヤガヤしながら食べられる場所!

子連れディナーなら外のテーブルがおすすめ。

キレイに手入れされた芝生とライトアップで子供達もリラックスできました。

私が食べたのはシーフードパスタ 美味しかった

1770 Getaway Garden Cafe

sandwitch-at-Getaway-Garden-Cafe-in-Agnes-Water
Getaway Garden Cafe の パストラミサンドウィッチ ©kosodatebrisbane.com

住所:303 Bicentennial Dr, Agnes Water QLD 4677
電話番号: (07) 4974 9323
Facebook:https://www.facebook.com/1770Getaway/

新鮮な野菜が沢山使われていて、朝食やランチにぴったりのお洒落なカフェ。

スペースも広いので少しくらい子供がじっとしていられなくても大丈夫だと思います。

食事が来るまで店内やアウトドアエリア、ガーデンを子供と歩き回ったりも出来ます。

1770 Getaway Garden Cafe の食べ物は全部美味しい。


子供達は美味しいフルーツのスムージーがお気に入り!

素敵なケーキやスイーツもたくさんなのでおやつタイムにも最適!

1770 Marina Cafe

1770 Marina Cafe で食べた新鮮な朝食の写真
1770 のマリーナカフェで食べた朝食 ©kosodatebrisbane.com

住所:535 Captain Cook Dr, Seventeen Seventy
電話番号: 0427 653 259
Facebook:https://www.facebook.com/1770Marinacafe/

1770のジェティのところにあるカフェ。

美味しい朝ごはんも食べれてボリュームも満点。

量が多いのでたくさん食べる旦那さんや男の子がいる家庭にぴったり。

Holidays Cafe

fish-and-chips-at-Holiday-Cafe-Agnes-water
アグネスウォーター ビーチのカフェで食べたランチ ©kosodatebrisbane.com

住所:55 Jeffery Court Inside Caravan Park, Agnes Water
電話番号: (07) 4850 1600
Facebook:
https://www.facebook.com/holidayscafe/

子連れにかなりの穴場。

キャラバンパーク(Agnes Water Beach Holidays Caravan Park) の中にあるカフェ。

ロケーションは海の前で抜群。(メインビーチからもアクセスできる。)

とてもゆったりしているので子連れには最高。

食事もおいしいので満足できる。パンプキンサラダが絶妙なバランスで美味しい。

Codie’s Place

アグネスウォーターの美味しいカフェ『Codie's Place』で食べたランチの写真
アグネスウォーターのカフェ Codie’s で食べたサラダ ©kosodatebrisbane.com

住所:7 Agnes St, Agnes Water QLD 4677
電話番号:(07) 4974 7004

ここのカフェも子連れには穴場!

アグネスビーチから歩いてすぐ近く。

新鮮な野菜をたくさん使ったメニューが多いので、旅行中に野菜不足を感じたら是非。

アグネスウォーター/1770 子連れおすすめ宿泊先

Agnes Water Beach Caravan Park

agnes-water-beach-caravan-park
アグネスウォーターのキャラバンパーク ©kosodatebrisbane.com

家族旅行に便利な立地、金額もリーズナブル。


Pavillions on 1770

こちらも人気のアコモデーション


トロピカルでモダンなアコモデーションならここ!

the-accommodation-we-stayed-at-agnes-water
アグネスウォーターの人気宿泊施設のスイミングプール ©kosodatebrisbane.com

詳細ページへ>>

子連れファミリーにぴったりのラグジュアリーヴィラ。

朝ごはんは敷地内にあるお洒落なガーデンカフェで!

シャワーも広くて可動式のハンドシャワー付きなので子供連れには便利。

最近はアパートメントタイプのアコモデーションに泊まることが多かったのでトロピカルな雰囲気満載のヴィラがとても新鮮でした。

必要な物は全てあって、キレイなのでとても快適。
ヴィラなので子供が騒いだり、走り回っても誰も迷惑しない。

Chinaman’sビーチまで歩いてすぐ。

アグネスウォーター/1770 おすすめホテル予約サイト

《アグネスウォーター期間限定ホテルセール》

Booking.com

アグネスウォーターと1770を満喫!【オーストラリア体験記】 まとめ

最後まで読んでいただいてありがとうございます。

キレイなビーチと都会から離れた静かなビーチタウンでホリデーを過ごすならおすすめの1770。
クリスマスホリデーなど長いお休みの旅行先としてぴったりです。
サーフィンやボディーボード、グレートバリアリーフも楽しめる観光スポット。

他にもブリスベンから行ける旅行先や観光スポットについて書いた記事があるので合わせて読んでみてください。

サンシャインコーストのビーチ【Coolum Beach】ビーチでサーフィン、観光スポット、おすすめホテルを紹介
オーストラリアのサンシャインコーストのビーチ『Coolum Beach(クーラム ビーチ)』に行ってきました。おすすめ宿泊施設、Coolum 近場の観光スポット、サーフィンにビーチなど、サンシャインコーストへ行く際に便利な情報を紹介。
子連れで泊まった Bargara(バガーラ)《バンダバーグのホテル レポ他》
子連れに人気のホリデー先のバンダバーグ(Bundaberg)へカメを見に行きました。宿泊は、プールにスパのある素敵なBargara(バガーラ)のアパートメントに泊まって家族全員が大満足。
【子連れサンシャインコースト】おすすめホテルと予約時のポイント
サンシャインコーストのホテルやアパートメントの予約をする際に役立つ情報!少しでも節約したいブリスベンの子育てママのブログ。
子連れバンダバーグ観光ブログ【スクールホリデーにおすすめ】
子連れバンダバーグ観光におススメのブログ記事。バンダバーグの宿泊施設、カフェや食事情報、子連れで行ける観光スポット、マーケット、ビーチ、全てカバーして写真付きでまとめて紹介。
格安SIM!オーストラリアでスマホ代を節約
オーストラリアで子育て中のママにも格安SIMはおすすめ。『アメイシム(amaysim)』や『Catch connect(キャッチコネクト)』に乗り換えたら大幅に月づきのスマホ代が節約できます!【リサーチしました】
【このブログの運営者】
花まま

ブログ『子育て記録ブリスベン』の筆者。
アラフォー、2児のママ。
オーストラリアで生活している日本人 ママブロガー/ アフィリエイター。
家族で過ごす時間を大切にするよう心がけ、わんぱくな息子の伸ばし方を日々研究中。
最近増やした観葉植物は『ブロメリア』。

- Follow Me -
観光
スポンサーリンク
- Follow Me -
KosodateBrisbane.com【子育て記録ブリスベン】

コメント

タイトルとURLをコピーしました